成豊建設について ABOUT US

社長挨拶

成豊建設株式会社 代表取締役社長 野﨑 正和

過去の常識にとらわれない発想で改革を!

成豊建設株式会社
代表取締役社長  野﨑 正和

成豊建設は、昭和38年の創業以来、鉄道・道路の各種トンネル工事を初め、都市土木工事、ダム建設工事など、一貫して土木建設に従事して参りました。 なかでもトンネル工事では業界屈指の経験と実績を誇り、創業以来携わったトンネル工事は1000箇所を数えます。北は北海道から南は沖縄まですべての都道府県でその足跡を残し、さらには海外にまで活躍の場を拡げて参りました。

当社は、「豊後土工(ぶんごどっこ)」の流れをくむトンネル施工の専門企業のトップ9人が集結して設立したという特異な歴史を持っています。豊後土工とは、大正から昭和にかけて大分県南部出身者の、トンネル施工に優れた技術とスピリットを持ち、全国のトンネル工事で活躍した人たちのことです。当社にはその精神が脈々と受け継がれております。これからもその精神を大切にし、トンネル施工の専門企業として技術を磨いて参ります。

現在、日本の産業は、労働者の高齢化や人手不足など様々な問題に直面していますが、トンネル業界も例外ではありません。「働き方改革」として長時間労働の抑制や生産性の向上に取り組み、若者に魅力のある職場環境にしていかなければなりません。先人の培ってきたトンネル技術を次世代に継承しトンネル業界の発展を使命として、これまでの常識にとらわれない柔軟な発想で、一人ひとりが働きやすい環境の実現に取り組んで参ります。

今後とも皆様方の一層のご理解とご支援を賜りますようお願い申しあげます。

2018年 3月 1日

成豊建設について ABOUT US